無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

Part25
SEVENTEENの宿舎
てひょん
てひょん
着いた。
じん
じん
ここにあなたがいるはず。
( ´-ω-)σ ピンポーン♪
ジュン
ジュン
こんな時間に誰だろう。
ガチャ ||.c( ゚ω゚`|
ジュン
ジュン
わぁ!BTS先輩!どうしたんですか?
ジョンハン
ジョンハン
どうした?
じん
じん
こんばんは。こんな遅くに来てごめんね、、聞きたい事があって、、、本当か確かめに来たんだ。
ジョンハン
ジョンハン
何ですか?
じん
じん
うちのメンバーのあなたとドギョムくんは兄弟か?
ドギョム오빠
ドギョム오빠
呼んだ?
ジュン
ジュン
BTSさんが来ました。
ドギョム오빠
ドギョム오빠
ちょっと外で話そう。
ドギョム오빠
ドギョム오빠
じゃあジンヒョンとテヒョニヒョン外で一緒に話しましょう。それ以外のメンバーは中に入っててください。
ジョンハン
ジョンハン
どうぞ。
あなたはその時は寝ていた。




外。
ドギョム오빠
ドギョム오빠
どうしましたか?
じん
じん
聞きたい事があって。
ドギョム오빠
ドギョム오빠
はい。
てひょん
てひょん
ドギョムさんはあなたのヒョン何ですか?
ドギョム오빠
ドギョム오빠
はい。
ドギョム오빠
ドギョム오빠
なぜ分かったんですか?
じん
じん
パクジニョンさんから聞きました。
てひょん
てひょん
今あなたはセブチの宿舎に居るんですか?
ドギョム오빠
ドギョム오빠
はい。
ドギョム오빠
ドギョム오빠
僕はあなたをBTSの皆さんに返そうと思いません。僕はあなたが戻りたいと言うまで待ちます。後で1回あなたに会って話してみてください。あなたはいっていました。テヒョニヒョンとジンヒョンとホビヒョンとグクヒョンは分かってくれたけどそれ以外のメンバーは信じてくれなかった。私の方が付き合い長いのに、、特にユンギヒョン。いつも塩だけど今日はいつも塩の時よりも怖かった、、戻りたくない。もうこのままセブチのヨジャになってもいい、、、
てひょん
てひょん
そんな事、、
じん
じん
後で僕とホソバとテヒョンアとグゥとあなたと話し合います。
てひょん
てひょん
あなたが戻りたいと言うまでどうかセブチの宿舎にいさせてあげてください。お願いします!
じん
じん
僕からもお願いします!