無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

☺︎
Kはすごく優しくて、
私のことを1番に思ってくれて
心から幸せだと思えた 。


(電話)
K
ねぇ?
h i_☺︎
なに?
K
好きって言って
h i_☺︎
え、無理だよ笑
K
お願い
h i_☺︎
好きだよ
K
俺もー!
K
好き好き好き好き好き
K
笑笑
h i_☺︎
ありがとう笑笑
K
今度デートしようね  
h i_☺︎
うん!
こんな会話がすごく楽しくて1日が早く感じた。
学校で私が友達にからかわれてた時も
??
お前Kと付き合ってんだろ〜?笑笑
h i_☺︎
うるさい
h i_☺︎
そうゆうのやめて!
??
ラブラブしろよ〜
K
おい、いじめんなよ
Kが助けてくれた。
ものすごく、嬉しかった。
テスト前の休み時間一緒に問題出し合ったり
班離れちゃったね〜って残念な顔して
言ってきたり。

可愛いって思ったりかっこいいって思ったり
いろんな感情が出てくる。

2人っきりになると
狼みたいに肉食になるし
頭が付いていかない。



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ごりら🦍
ごりら🦍
実際に私がした恋愛
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る