無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

1_🐰
JKside








『おはよぉございまぁす♡』









そう言って楽屋に入って来たのはあなたヌナ









来る時間より20分も遅刻してる









『遅刻しちゃいましたぁ…ごめんなさぁい…』









ヒョン達はもう呆れてる









いつも遅刻だ。時間通りに来ない。









『ジョングク君っ♡ おいでおいで♡ メイクするよぉ』









よりによって僕のメイク担当はヌナだ









ヒョン達が羨ましい









『怒ってるのぉ? 怒ってる顔も可愛いー♡』









『早くしてください』









何回香水プッシュしたんだってくらいのキツい匂い









もう慣れたけど…笑









まぁ…ヌナはぶりっこだけど、メイクの腕は確かだ。









『ちゃんと寝てるぅ? メイクしてる間寝てていいよぉ?』









僕の目の下のクマを見たのかそう言うヌナ









『大丈夫です』









寝たいけどヌナの香水の匂いがキツすぎて寝れるわけがない

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ぐぅちゃん🐰💗
ぐぅちゃん🐰💗
田柾國
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る