無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2
2021/08/23

第16話

11
楓歌side

無色の狐??なんだろうそれ……


桜歌「無色の狐ってこれ?」


?!


青葉「?!何で持ってんの?!」





桜歌「僕が居た牢屋にあったんだけどこれ読もうとしたら僕の力に反応したのんでなんやかんやあって契約した」





秋歌「やっば…でも封印にはこれ使うんでしょ?」





青葉「おう…赤目と緑目の子って多分お前らだと思う
…………名前が似てるし…」





楓歌「名前??」





青葉「あぁ……さっきは言ってなかったがあの裏面に名前が書いてあったんだ………












































楓、秋、桜
ってな」





桜歌「僕達の名前の頭文字?」






青葉「あぁ多分だがな………あ…もうすぐ着くぞ準備しろ」





3人「了解」



✄----------------------------------------------------------------

夏歌side


あつい、あつい、あつい、あつい
いたい、いたい、いたい、いたい

目がじんじんする

色んな人の悲鳴が聞こえる
怖い、怖い、怖い、怖い


助けて


たすけて


たすけてよ



だれかたすけて












パチン!!



??
痛くないけど……皆の声も聞こえない?



?「こんにちはぁ!」