無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2
2021/08/23

第17話

12
夏歌side





夏歌「誰?」






??「私?んー私はね空葉って言うんだぁー」



空葉?



空葉「空葉お姉ちゃんって呼んでねぇ……あっ!でも見えないから別にいいかぁ……」



ふーん…あ!




夏歌「今皆はどうなってるの?」








空葉「今?みーんな止まってるよ」



止まってる?



夏歌「無事?」








空葉「…………無…事だよ?」



???……



夏歌「そっかぁ…………良かった〜」








空葉「…………ごめん((ボソッ…」







夏歌「??何か言った?」




??なんだろ



空葉「いーや何も?」



??……まぁいいや



夏歌「私って大丈夫?」



見えないから……




空葉「……大丈夫…きっと大丈夫…………お兄ちゃん達が助けてくれる((ボソッ…だからね…………夏歌ちゃんは寝ていいんだよ怖いと思うけど…私がいるからね大丈夫寝ていいよ」






夏歌「そっかぁー…………さっきからね…………ずーっと眠かったの………でも怖かったから…でも……空葉お姉ちゃんが居てくれるなら…………おやすみなさい」










空葉「おやすみ……」


パチン!!




----------------------------------------------------------------
Noside


悪魔の目




それは



災害を起こす能力を持ってる者がなる目


白目が黒くなり、

赤と黒の着物を着て…

髪の半分が赤く染る


そして

災害が起こる


それを止めた人は___あの力を持っているものだけ




キャアアアアアア!!!


ブァァァァァ!!



悲鳴が聞こえ


炎が舞う



それを見ている少女が1人……




空葉「きっと大丈夫だよね……」



それにこたえるように
別の世界の狐が


「コン!!」


と鳴いた