無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2
2021/08/16

第11話

7
秋歌side

今日は交流会……今日は楓歌達を守らないと…!

ザワザワ

楓歌「五月蝿いね…………」


ちなみに自分たちは何時もの場所(二階)に居るけどめっちゃ五月蝿い……(交流会場は一階)


秋歌「でも今日はお母様達は関わって来ないから……」






楓歌「そうだね……そういえば桜歌って何処だろ」





秋歌「探しに行く?多分今なら行ける……」


きっとお母様なら今、二階を立入禁止にしてる筈だから……


楓歌「そーだね行こか……」


〜双子移動中〜


楓歌「んー……いないね…」






秋歌「うーん……」


マジでどこなんだろ……


楓歌「…………どこーー」


んー……あ…外か……


秋歌「楓歌……もしかすると、外……と言うか、離れかも知んない」






楓歌「んじゃぁこっちから離れのところに飛ぶ?」



飛ぶ…………



秋歌「それしか方法ないんよな……」







楓歌「良し……じゃあ行くよー!せーのっ!」



トンッ

シュタ



秋歌「んふふ……完璧」





楓歌「よーし…桜歌ー何処だー」





秋歌「んー……何処だろな」


ピタ(楓歌達が止まった音)

……????……誰かの気配がする



秋歌「〔楓歌……分かる?〕」






楓歌「〔分かる、分かる誰か居るね〕」






??「えっ……誰??」



ん??



秋歌「えっと…………交流会に来た人??」






??「……そうだけど…………………あんな馬鹿な集まりと一緒に居たくないし((ボソッ…」



はっ!この人とは……話が合う気がする……



楓歌「……でも貴方【オッドアイ】じゃん」


!!!??楓歌!!!喧嘩うるな!!!分かるけど!苛つくのは分かるけど!


??「……そうだよ…俺はオッドアイ……あの、特に能力が…全てが強くなると噂の緑と赤のオッドアイ…………でも俺は差別をいいとは思ってないだから抜け出して来た」