無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

SIGNAL【TWICE】
ねぇお願い…私の「好き」のサインに気づいてよ…。







どうしてあなたには私のSignが届かないの?








けどいつかはきっとあなたの事を好きにさせてみせる…!
あなた

ねぇ!テヒョン君!

テテ
なにー?ㅋㅋ
あなた

今日さ、あのドラマみるー?ㅋㅋ

テテ
あ、絶対にみるー!
あなた

だよねぇ!

ツウィ
ねぇテヒョン君!
テテ
なにー?
ツウィ
ここの問題分からないんだけどさ、教えてくれないかな?
テテ
あ、いいよー!えっとここは…
ツウィ
ありがとう!テヒョン君!
テテ
いえいえー、
みんなテヒョン君のことが好きなんだ…。
私も好き……だよ…?
あなた

ねぇ!テヒョン君!

テテ
はーい!
あなた

あのさ、好きな人とかいる?ㅋㅋ

テテ
あー、いるㅋㅋ
あなた

あ、そうなんだぁ…

テテ
何そのビミョーな反応ㅋㅋ
私はいつからこんなに君のことを好きになっていたんだろう…
自分でも驚くぐらい…テヒョン君のことが好きなんだ…。







けれど、君の好きな人は誰か分からないことがまだ心にひっかかっている…。






だれだろぅ…?
あなた

ねね!その好きな人って…だれ?ㅋㅋ

テテ
絶対教えなきゃだめー?
あなた

だめですーㅋㅋ

テテ
しょうがないなー…


















俺の目の前にいる…あなた!
あなた

……え?嘘でしょ?!

テテ
嘘じゃないよㅋㅋ
あなた

私も大好き!

テテ
ほんとに!ありがとう!










大好き♡
みなさん、案外私のSignは私の好きな人に届いていたのかも…?しれないㅋㅋ








これからも私はあなたに恋のSignalとSignを届けていくよ__




❦ℯꫛᎴ❧