無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

CHEER UP【TWICE】
プルルル
あなた

まただ…

毎日鳴り響く携帯の着信音…









私はこの音が大嫌いだ…







だって、バッテリーの無駄遣いになるし…








そう思うとスマホから目が話せなくなっていた。




私の目力だけでも携帯がパンっと破裂しそうな程だった





サナ
あなたー、大丈夫?ㅋㅋ
あなた

大丈夫ㅋㅋ

ナヨン
サナー!ポテチ食べるー?ㅋㅋ
サナ
あー!食べる食べるー!あなたも!
ナヨン
はやくー!ㅋㅋ
いつものように楽しく喋っていると
グク
グク
あ、あの…
あなた

私?

グク
グク
は、はい…あの少しいいですか?
あなた

う、うん…?

グク
グク
あの…僕に会うの初めてだと思うんですけど…僕…









あなたちゃんのことが好きです!





君を見ると息もできないほどドキドキしてしまうんです…




あなた

……え?

グク
グク
返事は…いらないです…
あなた

そ、そっか…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ナヨン
あなたー!どこいってたの?ㅋㅋあなたは可愛いんだから、また告白だろうけどねㅋㅋ
プルルル…
ナヨン
電話だよ!はやく出てあげなㅋㅋ
あなた

もしもし…?さっきは出られなくてごめん…

テテ
全然大丈夫!
あなた

友達と会ってたから…

テテ
うん知ってるㅋㅋあなたはいつも友達といるときはシャイになるからねㅋㅋ昔から変わらないよねㅋㅋそーいうとこ。
あなた

うん。ごめん…

テテ
今から会うのはちょっと…って言うんでしょ?ㅋㅋ
あなた

うん…ごめん。また後で連絡するね!

テテ
うん!
この人はわたしの幼馴染。
この人もめっちゃモテるんだよなぁ…







この人は私のことを誰よりも知っていると思う…






私はテテのことが…







好き…なのか?







いやいや、待て待て。







こういうのって女の子から言っちゃダメでしょ…






その方がテテも私のことをもっと好きになってくれるでしょ…?








平然とした態度で私はいつも自分を演じている。







私が君を好きな気持ちを分からないように…








放課後_
テテ
あなたまだかな…
ソワソワしてる声がここまで聞こえてくる…かわいㅋㅋ
あなた

まった?

テテ
あなたー!会いたかったー!
いやいや、可愛すぎ…でも平常心でいなきゃ…そうじゃないと私がもっとあなたにほれちゃいそうだから_
あなた

あ、そうだ。カトク返事出来なくてごめん

テテ
どうせ友達と遊んでたんだろー?ㅋㅋ
あなた

そうそうㅋㅋよくお分かりでㅋㅋ

テテ
何年一緒にいると思ってんだよㅋㅋ幼馴染なめんなよー?ㅋㅋ
テテ
あとさ_








俺さ、前に好きな人いるって言ったじゃん?








あれ_









お前のことだったの_




あなた

………え?

テテ
困るよな…ㅋㅋいきなりそんな事言われたら…
あなた

いいよ…?

テテ
え?マジ?
あなた

なって上げるよ…テテの彼女。

テテ
なんか上から目線なんだけどーㅋㅋ
あなた

だけどなーㅋㅋもうちょっとテテが頑張る姿が見たいからまだ正式な彼女じゃないけどねㅋㅋ

テテ
は?なにそれーㅋㅋ
あなた

ま、頑張って私にもっと誠意をみせなされ!ㅋㅋ

テテ
はいはいㅋㅋ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
数ヶ月後_






アレからテテは私に毎日会いに来て優しくしてくれたし色々としてくれた…







そんなテテのことを気づいたらもっと好きになっていた。








ホントの気持ちがばれないようにいつも本心を隠してテテに接していたけど…







もう無理みたい…






あなた

ねぇテテ…?

テテ
んー?なーにー?ㅋㅋ
あなた

好き…

テテ
えー?聞こえなかったなーㅋㅋもういっかい!
あなた

ええっㅋㅋヤダ。ㅋㅋ

テテ
俺も好き!ㅋㅋ
あなた

知ってるしバカ。ㅋㅋ

私たちは無事付き合えた。









きっと君は私の最高の彼だ___








❦ℯꫛᎴ❧