無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第53話

Lil’Touch 少女時代-oh!GG


私はいつも彼にこういう。








”知らなかったの?”と___










いったい、なんの事かびびっと来ないと思うけれど












なにをって?











それは












君の心が私を求めていたことに___










これは数週間前に始まった、いわゆるゲームみたいなもの。









”どちらが先に落ちるか”












ゲームをするのだったら私の大好物。















”私に負けなんて言葉はないの”












それなのに彼はいっこうに諦めようとしない。










自分でもしっているはずなのに













私に___












”勝ちを頂戴?”








諦めるのなら













”最後のチャンスよ”___












それでも諦めなかった彼。









私は今日も甘く深い闇のようなキスをあなたに落とす。










ほら、もう私の虜じゃない













あぁ、今回のゲームも私の勝ちか………













はぁ……さてと-……














次は誰にしよう___













end.