無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

Pied Piper【BTS】
母親
あなた!あなたって子は…ちゃんと試験勉強は進んでいるの?あなたもお姉ちゃんみたいに頑張りなさい!
いつも私は姉と比べられて生きてきた。
勉強やスポーツ…色々なことに関してわたしは姉よりも劣っていた…








だから私は姉と比べられる生活が嫌で嫌でぬけだしたくて…






そんな時
グク
ねぇ君大丈夫?
あなた

え?!あなた!どこから入ってきたの?!

グク
あー俺?ㅋㅋ俺はー、君の母親の再婚相手の子供のグク!ㅋㅋ
あなた

あら、そうなの…

そう言えば私のお母さん再婚するとかなんとかって言ってたっけ…
グク
君さ、ガリ勉でしょ?ㅋㅋだから…僕が癒しになって上げるよ…ㅋㅋ
あなた

い、癒し…?

グク
うん!癒し!自分で言うのもあれだけどさ、僕って凄く甘いんだよ…?ㅋㅋ
私はその言葉に妙な安心感を覚えた








そしてグクは私の耳元でこう囁いた__



グク
君をダメにしに僕は来たんだよ?ㅋㅋ
そういうとグクはいきなり笛を取り出して演奏しはじめた。








なんて甘いメロディなんだろう_









私は笛の音色に洗脳されるかのようにグクに夢中になっていった___








グク
心配しないで…確かに僕はちょっと危ないかもしれないけど僕も自分に耐えきれないんだ…






そして






心配しないで…






僕の手は君にだけ暖かいんだよ…



その言葉で私は本当にダメになってしまった___








まるで笛の洗脳師に洗脳されたかのように_







あなた無しでは生きられなくなっていた_
するとグクはいきなり
グク
本当は僕全部分かってるんだよ?ㅋㅋ君が僕なしじゃ生きていけないってね…ボクにはなんでもお見通しだ…ㅋㅋ
そしてグクは低い声で私にこういった…









グク
僕が君を支配しているんだ…








主導権は僕にある…





❦ℯꫛᎴ❧