無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

Energetic【Wanna One】
君と僕は今日も熱いキスをした_









君と僕の唇が徐々に感じ始めるこの瞬間の中の熱い空気_







舌を絡めていたせいか全身に電気がはしるかんじがあった_






キスをしている時の君はもっと可愛くなってしまうから気づかないうちにまた君にハマっていた__




ジミン
今日は最後までシちゃだめ?
あなた

今はダメ…ㅋㅋ

ほらね。いつも君はそういうから我慢してる…







だけど、あなたが男と仲良く喋っている所を見ると我慢出来なくなっちゃうんだ…








だから…今日は…君がなんと言おうとやる…
ジミン
あなたー?
あなた

はーい!って…え?!

ドサッ
ジミン
チュッ
ねぇ…しよ?
あなた

き、今日はいいよ…?

ジミン
もう…止まらないから…
ここからは僕と君とのstory…








誰も止めることのできないstory









今夜二人…








楽しい時間の幕開け…









丁度そのころ外は星が沢山空に広がっていた__








❦ℯꫛᎴ❧