無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

Call Your Name【JBJ】
ここは空港……






私の愛する오빠は夢をかなえるために私のそばからしばらく離れてしまいます___





私は何回も오빠に
『ねぇ、ほんとに行っちゃうの?』って聞いた__






でも、오빠は天を仰ぐなり



«うん»と答えるんだ__







私があなたのそばにいられるのはあとほんの数時間だけ__






あなたが乗る便が車での待ち時間しかない中私はこう言った



『ねぇ오빠、もう1回だけ笑ってよ』


そう言うと、오빠は今までにないくらいの笑顔を私に見せてくれた。






それでいいんだ





それで__







ケンタside__



俺はあなたに最後にこう言われた

『ねぇ오빠、もう1回だけ笑って』と……

僕は今でも苦しいよ……

でも、あなたが僕の夢を応援してくれるって言った時嬉しい気持ちの半面、少し寂しい気持ちもあった





僕が必ず君の元に戻ってくるから……















初めて会った眩しい日を全部覚えておくよ___




絶対に忘れないから__





そしてまた手を握るよ






今みたいにさ__







ケンタsideend__





ギュッ



ケンタ
ごめんあなた。
もう少しだけこうしてたい。



こうしたことによってあなたをもっと苦しめてしまうって自分でも分かっているのに__







ごめん






素敵な君にあって美しかった僕にとって凄く大切な人__





どうか忘れないでくれ__






いつかいい日に僕が








【君の名前を呼ぶから】











この日が消えていっても__






この日の夜が消えていっても__







最後じゃないよ__







きっとまた会えるよ__








また会える日を願って__








そして、また君と再開できたら







僕はすかさず君の名前を呼ぶよ__









❦ℯꫛᎴ❧