無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

BOOMBAYAH【BLACKPINK】
私の学校には5人の容姿端麗な5人組がいる。




一人目はジェニ。
ジェニはドアを蹴っ飛ばしてクールな目付きでみんなを見る。
その目はまるで獲物を捉える猫のように美しく輝いている。
そんな彼女のことをみんなは口々に「美しい」という。
するとジェニは決まってこと言葉をいう。

「君が話に聞いていた子が私よ」と……








二人目はジス。

ジスは普段はおっとりとしているが、どこか特別なオーラを放っている。
教室でも窓際の席でずっと空を見つめる彼女のことをみんなは「女神」と呼ぶのだ……






3人目はリサ。
リサは色々な国の言葉を話せて、交友関係も多いことから男女共に人気がある。
また、だれにでも優しく接する姿からみんなは彼女のことを「マリア様」と呼んだりする。








4人目はロゼ。

ロゼは頭が良いことで知られており、みんなからは「知的の神」と呼ばれたりしているそうだが、彼女の裏の顔は外見ではクールというイメージが強いが、かなりの小悪魔気質。

すぐにナムジャのそばにいけば、独特の彼女の世界観から沼にハマってしまったらもう終わり。

彼女はある意味人類で最強の人間なのかもしれない…





そして5人目はあなた。

あなたはいつもニコニコしていてみんなからは「赤ちゃん」や「天使」と呼ばれているが、一定期間だけクールになり無口になる時があることから「化け猫」とも呼ばれる。





そして、彼女にはひとりの오빠がいる……







それは……




グク
グク
あなた~


あなた「あッ!오빠や~!」
そうなんです。彼女の오빠はグク。








グクはこの学校でめっちゃモテるけど、女という女を相手にしていない、、





あなた「ねぇ、오빠!ギュッてして?」





そういうと







ギュッ









グク
グク
ん?また痩せた?ㅋㅋ





そうなの




私結構頑張ったんだからね?!☜







あなた「ねぇ、오빠…私ね오빠のことが好き……」






グク
グク
そっか……




あなた「だめ……?」






グク
グク
ッ……だめ…じゃないよ……







あなた「フフッ、大好き」







今日はクールな気持ちを捨てて、正気も捨ててあなたのそばにいるね___







오빠사랑해요__








❦ℯꫛᎴ❧