無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

I think I’m crazy.



曲名:【TWICE】おかしくなったみたい.









グク
グク
はぁ?!なんでだよッ!

『そっちこそなによ!』





グク
グク
あー、もうわかった。もう知らねぇかんな!




『あんたに知らないなんて言われる筋合いないわバ~カ!』






………ああ、もうなんで?





どうしてこうなのよ私……







グクのことを好きになってからもう2年も経っているのに……







前までの私は今とは全く違って、グクのことを見つけるとふらふらと君に近づいていたのに







昔みたいにグクと喋る時にまるで自分がグクに向かって愛嬌をしているような声をしながら喋れば昔みたいに素直になれる?







もう!どうしたらいいの







でも、昔から変わらないこと……





それは、私にだけ冷たく振る舞うところ








時々そんなあなたが憎いけど







それでもどうしよう






私はあなたが好きなの___









ああ、やっぱり私おかしくなったみたい






こんなにあなたの事を私が求めても あなたは私にふり向いてくれないのに







なのに あなたのことを諦められないの








だから、時々考える。




私はあなたに騙されているのかなって






だって、プレイボーイじゃないし中身は繊細でシャイだから今まで私が好きになるような性格じゃ決してないのに








なぜ私はこんなにあなたに夢中なの?







そして






なぜ私にだけそんなに冷たいの






ほかの女の子には優しいくせに






ダニエル
ダニエル
あなたちゃん?だよね?



『あ、ダニエル君。』






ダニエル
ダニエル
なんかさっきからブツブツ言ってるけど、どうかしたの?




『あ、ううん!全然なにも!』







ダニエル
ダニエル
そっか!ㅎㅎ





この子はダニエル君。

私は1度グクのことを諦めようとして……そして、距離を置くために付き合ってみた男子






まぁ、結局は距離を置けなかったんだけどねㅎㅎ






グク
グク
……おい






『ん?えッ!』







それは、いきなりだった、





グクがいきなり私のことを抱きしめてきた、







そして




グク
グク
俺のこと嫌いなのかよ……
俺はほんとは………好きなのに




『それ、ほんと?』





グク
グク
ホントじゃなきゃいわねーよ。




そう言いながらあたまをかいているすがたはまるで照れ隠ししている小さい男の子のようだった、








私はおかしくなったみたい。






だって、そんな彼でも







すべてを愛せるから






❦ℯꫛᎴ❧