無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

고민 보다 GO【BTS】
僕はこのつまらない世界で一番楽しみにしていることは_








その日のうちに働いた分のお金を使い果たすこと___





僕は毎日走って走って…力仕事をさせられて…それで苦労して貰った金をその日のうちに使い果たす…最高だろ?ㅋㅋ








自分で稼いで贅沢をして、その分のお金は全部俺の腹の中へ___








そんな生活を続けていると、俺の幼馴染のあなたが言うんだ…
あなた

ねぇジン…そんな生活しててほんとに大丈夫なの?

ジン
大丈夫だって!え?もしかしてあなた…お金に困ってるの?ㅋㅋ少し分けようか?ㅋㅋ
あなた

いらない…

本当にあなたはお金が欲しくないのかな…?それとも…








遠慮してるのかな?ㅋㅋ







でもさー、ボクは自分の気持ちに遠慮することはないと思うんだよねーㅋㅋ







だって…








『人生は1度きりなんだから…』








ちなみにそんな俺の1週間は
月火水木金金金金…ってかんじかなㅋㅋ






俺の通帳は底なし沼のように深いんだ…





だから…俺は毎日のように水を注ぐだけさ…ㅋㅋ










そしてそれからあなたとはあまり会って居なかったんだけど、いきなりあなたからカトクで『会いたい。』って…







なんだろ…?



あなた

ねぇジン…私もう自分に疲れちゃった…

そういう君に僕はこう言った。
ジン
もういっそあなたがやりたいことを全部してみれば?安心しろ。まだあなたも俺も若いんだからなんとかなるでしょ!









あなた…








悩むより実行させたほうが早い話でしょ?






それから君も俺と"同じ側"の人間になってしまった。









そして







『使い果たすって最高…』









そうつぶやくと丑三つ時に眠りについた。








❦ℯꫛᎴ❧