無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
7
2019/01/02

第1話

1話
僕には2人の僕がいる
そのもう1人の僕が出来たのはつい最近のこと



青峰 もう俺は…お前のパスをどう受け取るのかも忘れちまった
黒子 ……え?

赤司 帝光バスケ部一軍の宿命はただ一つ勝つことだ

荻原 黒…子…

皆一生懸命なのは分かる
でも前みたいにならない…なんで?
なんで?
勝ってるのになんでこんなに胸がいたいの?くるしいの?

その時現れた
もう1人の僕が



「そうしたら今の自分を殺して僕の姿で生きようよ?そしたら楽しくなると思うよ?黒子テツヤ」