無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4
2019/01/02

第5話

5話
雅仁 よお
雅奈 あっ来た!
赤司 すまない。遅れた
青峰 すまんな
赤司 とりあえず……自己紹介を……
雅仁 しなくていいぜ
帝光バスケ部キャプテンの赤司征十郎、帝光バスケ部のエース、青峰大輝、3Pを得意とする緑間真太郎、人の能力をコピーする力を持っている黄瀬涼太、高身長を使い点をとる紫原敦だろ?
赤司 どうして知っているんだ?
雅仁 そりゃあよく聞くからな
雅奈 そうなんだよね〜!ほんとに!
赤司 あっ話を戻そう。黒子は……
雅仁 二重人格だ。黒子テツヤは
テツヤは小さい頃からお前らと一緒に過ごしてきたような感じだった。俺らの前、家族の前でも敬語。しかし、あいつが壊れる時はたまにだけあった
ストレスが山のように積もり黒子の心の中にいるもう1人の黒子が今の黒子を呼びかけ変わるんだ。その時は俺らのこと雅仁くん、雅奈くんと呼ぶのに雅仁、雅奈に変わる
青峰 なら心配は……
雅奈 ある。十分にあるよ。だってあんな姿僕らでも見た事ないんだもの、テーくんは二重人格になったとしても、誰かをいじめたりはしない絶対に
もしかしたらもう1人のテーくんが何かを企んでててー君にいったのかもしれない


雅仁 まあ短く言うと
お前らに止めれることは何もない
君らにとめれることは何にもない