無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
3
2019/01/03

第7話

7話
なぁ……今までの黒子テツヤ。
お前はキセキの世代に騙されていたんだ
皆お前をただの戦力にしか使わなかった
それはいわゆるお前が要らなかったから
だからさ、あの君の雅仁、雅奈をあそこから救ってあげるんだ。いいだろ?



騙されていた……雅仁くん達がいじめられる……
ええ…いい案です



黒子 雅仁くん、雅奈くん
雅仁 なんだって……テツヤ元に戻ったのか!
雅奈 戻ったんだ!良かったぁ…!キセキの世代の人たち心配してたから言いに行こ?
黒子 いいえ、あんな奴らには言いません。
二人とも騙されてたんですね。
雅仁 テツヤ?
雅奈 テーくん……?
雅仁 ちょっと待てよ。俺らは騙されてなんかいねえ。テツヤの勘違いだ
黒子 なわけありません

黄瀬 なんか騒がしいっすね……って雅仁っち!黒子っち!
黒子 僕は君たちを救ってあげてるだけです
大切な従兄弟だからです
雅仁 大切なら大切な従兄弟の言うことも聞いて欲しいぜ