無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
15
2019/07/27

第6話

ごめんなさい。

最近更新が止まってしまい申し訳ないです。


リアルの方で色々あったり、テスト期間だったりして更新が止まってしまいました。
また再開させようと思っているので少々お待ちください。



ここからはよくわかないことを言っているので気にしないでください。
(見たい人は頑張って解釈して読んでみてね笑)





最近泣く事がストレス発散になってて、最近ある方の人生のお話で久しぶりに声を出して泣きました。

その方は家庭環境が荒れてて大変な時期に2人のお友達に出会ったのですが
2人とも病気で。

1人は無事に、もう1人は助かりませんでした。

助からなかった子はその方の誕生日近くに亡くなり、誕生日に手紙が届いたそうです。

その子とは生きてる時に約束したことがあって、


「自分はもう夢を叶えることが出来ないから、

代わりに声優になって欲しい。」


そう約束して、その方はその約束を果たそうとした。


そして今その方は声のお仕事をしている。


というお話で大泣きしてしまって笑


その方はそのあとも努力や思いが届かなかったりしましたが、
いまも頑張って前に進んでいます。


それを見て私も頑張らなくちゃなぁ。って思って。

それに私の悩みなんてちっぽけな事なんだなぁとか

そんなことばっか思っちゃって。

でも!だからこそ!
この思いを胸に、どんな時でも前を向いて走り抜けようと思います。



ここまで読んでくれた人ありがとう。


またね!