第51話

50
491
2023/04/02 12:11
〈宮野 野乃花〉
私が学校に行かなくなってしばらく
私は日中、山の中へ散歩に出かけることが多くなった
気分転換とか現実逃避とかとにかく心を落ち着かせたかった
この日もいつも通り、家から離れた山奥に来ていた
そこで1匹の狼に出会った
グルルル
宮野 野乃花
犬?狼?
その子はボロボロで血も出ていた
宮野 野乃花
怪我...治さないと
私が近づこうとすると
ウアウッ
宮野 野乃花
わっ..
怯えているのか警戒しているのか


手を噛まれてしまった
このまま放置しても可哀想


かと言ってまた近づくとなぁ
宮野 野乃花
仕方ない
宮野 野乃花
ちょっとだけ我慢してね
私はジェシーから貰っていた治癒薬をその子に使った
ヴヴ
ヴァウッ
宮野 野乃花
ちょっとびっくりするけど、ごめんね
?!
私はその子の場所だけ重力を強くし


動けないようにした
足とかお腹周りに薬を塗って


少し放置する
するとその子の傷はみるみるうちに無くなっていった
宮野 野乃花
これでよし
重力操作もといて


身動きを自由にしても


この子はどこにも行かなかった
宮野 野乃花
ん?
それどころか近づいてきた
宮野 野乃花
ふふ
宮野 野乃花
よしよし
ゥゥ
人間!
宮野 野乃花
(ビクッ
宮野 野乃花
え?
喋った...?


この子...狼だよね?
オオカミって人の言葉話せるっけ?


そんなのアニメのファンタジーでしか見た事ないって
なに?どういう事?
やっぱり...変なの?
宮野 野乃花
なに..が?
狼が喋ること
宮野 野乃花
変ではないでしょ
え?
宮野 野乃花
私だって、狼だって犬と猫も喋ってる
宮野 野乃花
けど、その言葉がお互い分からないだけで、喋るのは変じゃないよ
なら...私がこうやって人間の言葉を話すのは
宮野 野乃花
個性
?!
宮野 野乃花
面白いね
それは貴方も
宮野 野乃花
え?
さっき、私動けなくしたじゃん
宮野 野乃花
あぁ...
生まれてからずっとこの能力について言われた事なんてなかった


周りも能力者だったからこれが普通だった
改めて思うと私も...変なのかな
宮野 野乃花
変かもね
は?
宮野 野乃花
私さ...おかしいんだよ
宮野 野乃花
ちっぽけな事で心壊して...友達も突き放してさ
宮野 野乃花
人には出来ない事を平気な顔してやる...別にそれが当たり前だったからいいのに
宮野 野乃花
なのに...苦しいんだよ...寂しいの
それが貴方の個性でしょ?
宮野 野乃花
そう...かなぁ
名前は?
宮野 野乃花
野乃花
野乃だね
宮野 野乃花
君は?
名前なんてないよ
宮野 野乃花
そっか...じゃぁ
宮野 野乃花
乃亜...なんでどう?
乃亜
いいね、気に入った
これが私と乃亜の出会いだった

プリ小説オーディオドラマ