無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

758
2021/10/16

第3話

1話
rd視点





平凡な毎日























平和な日常















同じ事の繰り返し。


























俺はそんな日常がつまらなくてつまらなくて仕方ない。





















ので鬼ごっこしたいと思います~



















は? って思ったでしょ? 思ったよね?

いや、ほんとつまんないしなんかイベント欲しいよねってワケじゃん。

ただの鬼ごっこじゃないんだよね。



鬼側が指定した人を追いかける事が出来るんだよね~

その指定された人は何も知らないって感じで。


さあ始めようか。










会議~ (^ら^)









俺は面倒いから主催者にやってもらうね(は

















____________
主催者
という訳で集まって頂きましたが、どうでしょうか?
tn
どうでしょうかって言うも何も鬼側俺達にメリットってあるん?


トントンが不思議そうにそう言うと
rd
あ~メリットか~
kn
確かにこっち側にもメリット無いとやり甲斐無いやん


周りの3人も“メリットご褒美”が無いことに気づいた
主催者
……ではこうしましょう。
主催者
自分の指名者を捕まえられれば自分の思うようにしていいと。
主催者
どうでしょう?


そう主催者が提案をした
rd
え天才じゃん
kn
プロか
tn
はぇ~、それなら俺も賛成やな






そして決まった





後は放送委員にヨロシクしとけば完了~








一応俺らも演技として被害者面するって感じ











実行日は今日の誰もいない放課後













範囲は学園内












となる






















時は経ち放課後







放送
鳥井、暮木、紫ノ原、は残るように







そして動き出す__________