無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,127
2021/10/16

第4話

2話



_____
放送
鳥井、暮木、紫ノ原は未だ残るようにして下さい。






そして動き出す________







zm視点
zm
あれ、俺らなんかしたっけ
syp
いや、してないでしょ
gr
したとしても記憶にないな



突然の居残りに困惑している様子








数分後____








__
放送
準備が整いましたので




え、…準備…?
zm
なんやねん準備って
放送
鬼ごっこを開始致します。
放送
範囲は学園内です。逃亡側の皆さんは頑張ってください
syp
え、逃亡側って俺らじゃないんすか、、?
zm
いや分からへん
gr
取り敢えず逃げるゾ



そうグルッペンの発言により共に逃げるようにした














___
zm
はァ…ッw なんやろめっちゃ怖いねんけどw


そうzmが言い出し
gr
此方も凄くゾワッと来るんだゾ…、
syp
俺も上に同じくです、、。




そうお喋りしているうちに奥から人影が見えた
zm
ん…?誰やアレ



青い髪が見えた
zm
...らっだぁ?




少し嫌な予感がした
syp
らっだぁさんじゃないですか
rd
やぁ~
zm
サルも逃亡側なん?


そうらっだぁに問うと
rd
ん~…いや?鬼側だよ?




その発した言葉で次の瞬間ゾムが恐怖を感じた
zm
...ッに、逃げろーッ
syp
鬼や!グルッペン先輩らっだぁ先生鬼ですッ
gr
把握したッ
全員一斉に走り出した
rd
逃げないでよゾム~
zm
嫌やッこっち来んなッ!!
rd
嫌だ~




にっこり笑うらっだぁが恐怖だった。




...格好良いけど...な...(
zm
はァッ...撒いたか...




ゾムは障害物を上手く使い鬼側らっだぁを撒いたようだ
rd
...チッ