プリ小説

第4話

じぇりーぬ りーぬのデレ期
ジェルside
やばい、やばい、
莉犬
ジェルくーんっ!
ギュッ
いつもは
「ジェル死ね」
とか
「ジェルうざい」
ばっかり言ってる俺の彼女こと莉犬がデレ期に入りましたァァァァァァはたmga@tサなまらあさ(頭おかしくなった)
莉犬
ジェルくんも……ぎゅって…して?(上目遣い)
( ^o^)<ンンンンンンンンンンンンンンンwww
しますします

もちろんさせていただきます

デレ期の映像撮っとこかな/////←おい byいつもの莉犬
ジェル
可愛いなぁ、莉犬は、(頭なでなで)
莉犬
えへへっ、嬉しいっ…///
莉犬
ジェルくんはかっこいいねっ…!(笑顔)
あー、だめだ。
プツンッ
ジェル、理性断線のお知らせ。
ドサッ、(押し倒す)
莉犬
じ、ジェルくん?!////
ジェル
莉犬が可愛いのが悪いからな、?
チュッ……
莉犬
ん…////
ジェル
んっ、
莉犬
んんっ…!////
ジェル
……シたい…。(莉犬の頬を触る)
莉犬
んっ……いい…よっ……///
ジェル
後ろ…解すから脱がすで、
莉犬
うんっ……///
ジェル
力、抜いて。
ニュプッ、
莉犬
んぁあっ、////
ふぁ っ……////
ジェル
っ、声可愛すぎ、///
チュッ、…チゥッ、(耳から首、鎖骨にかけてキスをしていく)
莉犬
ふぁっ…やっ、んぁ……////
ジェル
んっ、(耳舐め)
莉犬
ひぁっ!?////
ジェル
莉犬、耳弱い、?
莉犬
う、るひゃいっ…///
ジェル
そんな口聞いていいん?
莉犬
ふあぁっ!?////

やっ、ぁんっ...////
ジェル
耳だけでこんなに感じるんw
なら…ここ触ったらどうなるんやろ、?w
シュッ、(莉犬のあれを触る)
莉犬
ひぁあっ!?/////
ジェル
ぅおっ?!
ちょっ、莉犬早すぎw
莉犬
ら、ってぇっ…////
ジェルくんが…耳……いっぱい……さわ…るから……/////
ジェル
ごめんごめんw

……なぁ、そろそろ入れていい?
莉犬
……うんっ…/////
ジェル
力、抜いてや。
ヌププッ、
莉犬
んんぅぅっ……!!!/////(手で口を抑えてる)
ジェル
手、離して。(莉犬の両腕を片手で持って上で固定?する)

んっ、
莉犬
んんっ、
ズンッ
莉犬
んぅっ!!////
ジェル
んんっ……
莉犬
やっ、

じぇうく、んあっ…///
ジェル
り、ぬ…締めすぎ……//
莉犬
ら…って、おっきい…んぅっ…///
ジェル
ゆっくり、動く…から、////
莉犬
…ゆっくり、やだっ……

ジェルくんの……好きにして…?////
これは無意識でやってるんか?
ジェル
そんな煽り文句どこで覚えてきたん。
もうしらんで、?
ズンッ、パンッ、
莉犬
ふあぁっ!!♡////
ジェル
んっ、
莉犬
んぁうっ、!///
莉犬
じぇう、く、……キス…して、ほし……////
ジェル
んっ、
莉犬
んんっ、///
ジェル
んんっ……
莉犬
んぅっ…////
口を離すと銀の細い糸が俺たちを繋いでいるのがわかる。
そして俺は一気に激しくする。
ズンッ、パンッ、パンッ、
莉犬
ふぁっ、ぁんっ!♡♡////
やっ……♡////
ジェル
も、でそ、っ……///
莉犬
んぁっ、なか、ほしいっ……////
ジェル
でも、お腹壊すで…っ…?////
莉犬
い、からっ…はや……くっ……////
ジェル
んっ~~…///
莉犬
んあぁあぁっ…!!////(ビクビクンッ)
そこで莉犬はトんだ。
その後俺は後処理をして莉犬をねかせた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

루  노 。
루 노 。
H.30.9.16.小説全部消しました る の 。 す と ぷ り / 莉 犬 く ん よ り の 箱 推 し /H o n e y W o r k s / 歌 い 手 さ ん / リ ゼ ロ / 恋 愛 漫 画/ 浦 島 坂 田 船