無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

33
2021/09/19

第2話

1
遡ること数時間前・・・








あなた
いってきまーす!
ままん
行ってらっしゃい
気をつけるのよ
あなた
わかってるってw
そう言って僕は家を出た
僕は数時間後あんなことが起こるなんて知らずに、呑気に1人楽しく1週間後に始まる高校生活のために買い出しに来てた
あなた
んー、このカーディガンとか可愛いな
あなた
あ、けどこっちもいいよなぁ
数十分後・・・
僕は買うものを決めて1人カフェに行った
あなた
久しぶりに1人でカフェに来たなぁ✨
何頼もうかな
あなた
あ、すいませーん
抹茶フラペチーノ1つ下さい!
んーっ!
久しぶりに飲む抹茶フラペチーノは美味しいなぁ✨
まぁ、そうこうしてるうちにあの出来事が起きたんだ
それは帰り道のこと
あなた
もうこんな時間だ
早く帰らないと
そう、僕は・・・
通りすがりの人
あなた・・・危ないわよ!
あなた
え・・・?
そう、僕はこの時刺されたんだ
あなた
(そういえば最近通り魔がって話あったな・・・忘れ・・・て・・・)


だんだんと僕の血は地面いっぱいに広がっていった
あなた
あぁ、僕死ぬんか・・・
ここで僕の意識は途絶えた