無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

18
2021/09/20

第4話

3
そして、僕は魔法が使える世界に転生した・・・らしい
僕が転生者って事は4歳の時階段から落ちた時の衝撃で思い出した
それまでは元々いたこの世界のあなたとして過ごしていた


あの日以降前世の記憶も徐々に蘇った



あなたと僕は容姿、性格が似ていたため中の人間が変わってもそう怪しまれずに過ごすことが出来た

















元々僕が転生したとこの家は貴族だったらしく、小さい頃から


剣術・・・魔術・・・


を鍛えてもらっていた



そのお陰か、冒険者になれる歳・・・12歳には優秀な魔術士・剣士になっていた





まぁ、あの女神様から全てチート級のステータスを貰ったおかげでもあるんだけどね✨
























そして、ここからがあの人たちと僕の出会いのお話