無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
75
2021/08/11

第1話

Prolog
アイツらと初めて会ったのは今日くらいの夕方の時だった。






聞いた事のある言語だったから。









普段は降りない麓まで降りてしまった








私は化け物なのに










でも










気になったから。きっとあの人たちも








転生か、それとも召喚されて捨てられたか






ただの村人だったら〇そう。






そう思っていた
🐺(なまえ)
🐺あなた
あんたらだれ?見たところ…捨てられたか?くにはちぶか。
あ、貴方は?
🐺(なまえ)
🐺あなた
まぁどうでもいい。珍しい客人だしな。
🐺(なまえ)
🐺あなた
一瞬で終わらせてやる。
お、俺ら知らないとこに着いた瞬間に殺されんの!?
armyが悲しむ!!
まて、俺たちはもう死んだんだ。
🐺(なまえ)
🐺あなた
転生者か…チッめんどくせぇ
🐺(なまえ)
🐺あなた
あんたら。ここだと人目が多い。
🐺(なまえ)
🐺あなた
殺さねぇからこっち来い