無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
131
2018/03/11

第1話

プロローグ
『此処、どこ??』 

ここに来た人は皆そう言う。

そんな人を迎えるのは私、駄菓子屋さんこと、店長の華彩。
華彩
いらっしゃい