無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

121
2018/03/11

第3話

望天
望天stand
望天
やった!
ボクの悩み、それは、友達がいないこと。
このクッキーならそれが直る気がした。
望天
いっただきまーす   (  ぱくっ
( あ、説明書見ろとか言ってたな 、ま、いいか )
今日は寝よう。
明日が楽しみだな ( るんるん
~朝~
望天
ん......(目を擦り
ふぁぁぁ(あくび
今日は、早く学校に行こう!
すごい楽しみだ !!
~全て済ませ、登校~
望天
......おはよう...... (   恐る恐る
クラスメート
おぅ!おはよう!
望天
(  やった~!  挨拶返してくれた!! )
望天
うん   っ    (  にぱっ
華彩
はぁ、説明書読まなかったね。
望天
えっ  !?
何処にいるの !?
華彩
今は見えないよ。
華彩
説明書読めって言ったのに。
読まなかったキミが悪いんだからね?
(( ぱっ 望天の姿が消える ))
望天
(  えっ  !?  )
華彩
説明書読まなかったキミが悪いんだからね。
君の、存在と、頑張る力貰うから。
~説明書~

ジンジャークッキー

*これを食べると、友ができるよ !!


(( ※注意 ))
食べる時は、黙って食べること。