無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

106
2018/03/11

第5話

お客様 ( 遙香 )
湯のみにお茶を入れる
華彩
次は、誰が来るかな    (   わくわく
お茶を飲みながらまったり
遙香
こんにちは    ...      ??
華彩
いらっしゃい    (   にぱっ
遙香
此処は    ??
華彩
見ての通り駄菓子屋だよ   ( にこ
遙香
中、失礼します  !!
あらあら、勝手に入っちゃった    (   あはっ
華彩
決まった    ??
遙香
はい   !!
遙香
この鉛筆いいですか  ??
華彩
いいわよっ!
華彩
帰ったら、説明書見てね   (にこ
遙香
はい   っ    !!
華彩
今日は、早く帰りなさい   ( にこ
もぅ遅いからね (
気をつけて ( 手を振り
ちゃんと使えるかしら   ??