無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

133
2018/03/11

第2話

お客様 ( 望天 )
華彩stand
望天
此処は??
華彩
いらっしゃい
また新たなお客様が来た。

どんな願いだろう !!
楽しみ ( にぱぁ
華彩
見たらわかるでしょ?
駄菓子屋だよ
望天
駄菓子屋さんかぁ~    (  にぱっ
久しぶりだなぁ
華彩
雑談はこれくらいにして...
お目当ては ??
望天
お目当て   ??
華彩
ここに来れるってことは、悩みがあるんでしょ??
望天
中見てみていいですか  ??
華彩
どうぞ    (  にぱっ
(( 中に入れてあげる ))
そう、此処に来る人は、悩みがある人。

悩みがないと、来れないの
望天
これ    っ  っ    !!
華彩
どうしたの   ??
決まったかな   ??   (  ふふふ
望天
これが欲しいです   !!

(( 人形のジンジャークッキーを指差し))
華彩
わかったわ   (   にぱぁ
説明書入れておくから、ちゃんと読んで食べてね ??
望天
はい   !!
お金は......??
華彩
大丈夫だから!
早く帰りなさい!
この子は、上手く使えるかな   ??

( ふふふ