無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

🥀
グク
グク
まって
you
you
わっ










腕を掴まれて耳元に生ぬるいものが当たる感じがした


























グク
グク
次その匂いつけてきたら
許さないから
you
you
わ、わかってる


















低い低い声でそう囁いた






















もうグクのせいで心臓がいつまでたっても収まらないよ















next.