無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第122話

🥀
            いま私は物凄い高いビルの前に来てます













首が折れそうなくらい高い


















やばい,緊張してきた 。

















フロアの受付所に行くと綺麗な女の人が





2人でお話していた
















you
you
   すみません,香水プロジェクトは何階ですか  ?    
受付嬢
   こちら12階にございます  ㅎ   
you
you
   ありがとうございます  //   









うわぁ,私なんか場違い感やばいよね















なんかすみません










next