無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第146話

🥀
            グクとはさすがに2人で外を歩くなんて








出来ないからイェリのお迎えは1人

















you
you
   イェリ〜  !!    








名前を呼んだらイェリを抱いた先生が来る














『ほ〜ら、イェリちゃん!お母さんが来たよ〜 ㅎ』
















you
you
   ㅎ今日もありがとうございました   








まだまだ小さいイェリをぎゅうっと受け取る












カシャッ















ん ,なんか今カメラの音が聞こえたような
















記念撮影でもしてたのかな、、














next