無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

969
2021/07/23

第21話

もう二度と傷付けないように。















三ツ谷 side





















俺達はあの後あなたを家に送ってから

マイキーの家へ移動した






















ドラケン:マイキーはあなたに怖がられてねぇの?




マイキー:ん?だって何年の付き合いだと思ってんの




場地:幼稚園の頃からだからな




三ツ谷:でもマイキーも" 俺の時と同じか "って言ってたよな?




ドラケン:じゃあ始めは怖がられてたけど心開いてもらったって感じか?




マイキー:そーいうこと




三ツ谷:なぁマイキー




マイキー:ん?




三ツ谷:マイキーはどうやってあなたに心開いてもらったんだ?






















何でかはわからねぇ

だけどこのままじゃ嫌だと思った

だから心を開かせたマイキーに俺はそんな事を聞いていた



















マイキー:んー確か幼稚園の頃だよな?




場地:そうそう。俺達が公園で馬鹿してたら中学生に絡まれてさ




三ツ谷:中学生!?




場地:そ。だからボコボコにしてやったんだよ( 笑 )




ドラケン:お前らそんな餓鬼の頃からんな事してたのかよ……




マイキー:でさ,その中学生の奴らが逆恨みであなたを拉致ったの




三ツ谷:は!?




場地:あなたは俺達の弱点とか居場所を聞かれたけど一切答えなくてさ,その代わりにめっちゃ殴られたんだ




ドラケン:あなたもそん時幼稚園ってことだよな…?




マイキー:うん。見つけたあなたは殴られてボロボロで倒れててさ,幸い命に別状は無かったけど頭部の外傷に右腕の骨折,左足首にヒビが入ったんだ



















逆恨みまでそこまでするのか?

しかも相手は幼稚園児だし女の子だろ?




















場地:……あん時の事を思い出すと今でも震えが止まらねぇ




三ツ谷:……!




場地:初めて……あなたを失っちまうんじゃねぇかと思った。しかも俺のせいで




ドラケン:………




場地:彼奴はさ,妹ってのもあるけど俺の支えなんだよな




ドラケン:支え?




場地:おう。いつでもどこでもちょこちょこ後ろをついてきやがったけどここまでしたら駄目だと思った時にはちゃんと止めてくれるし怒ってくれる




三ツ谷:……!




場地:俺にとって……あなたは" ストッパー "だったんだ




マイキー:………んで,俺は場地を病院に残してソイツら全員ボコしに行った




三ツ谷:はぁ!?一人で!?




マイキー:ん。そんであなたに" 今度は絶対守ってやるから "って言って心開いてもらった感じか?




場地:そうだな。時期的にその辺だったもんな




ドラケン:なるほどなぁ。お前らにも色々あったんだな























話を聞いているだけでもわかった

あなたは過去に物凄く酷い目にあったこと

そしてこの二人はもう二度とあなたを傷付けないように

______大切にしていること。