無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,461
2021/07/15

第8話

半分コな。















場地:ただいまー




















俺は場地さんに‪" ペヤング好き? "と聞かれ

なんと俺の家と階違いだということを知り

場地さんの家にお邪魔する事になった

______つまり





















あなた:あ!お兄ちゃんおかえ……り……?




千冬:………よ

























場地さんの出迎えをしたあなたは

当然俺の顔を見て驚いた顔をしていた























あなた:何で千冬……?




千冬:あ……いや,その……




あなた:お兄ちゃんと仲良かったの?




千冬:え?




場地:いや?今日会った




あなた:あ,そうだったんだ!




場地:んで



























『 今日から" 俺ら "の仲間だ。』

























あなた:……え?




場地:な?そういう事だろ?




千冬:え?




場地:お前,もちろん東卍に入るよな?




千冬:東卍って……東京卍會?




場地:おう!
























場地さんは確かに彼奴らに" 俺の仲間だ "と言った

俺なんかが東卍に入っても大丈夫なのか?























千冬:……お,俺なんかがいていいんですかね?




場地:何だよ。さっきまで偉そうにしてた癖に




千冬:う"………




場地:いーんだよ。つかこれ拒否権ねぇし




千冬:え!?




場地:お前は今日から俺らの仲間!拒否権無し!な!























場地さんはまた八重歯を見せながら笑った

やっぱりそうだ。あなたそっくりだ

























千冬:よ,よろしくお願いします!!




場地:おう!




あなた:……とりあえず二人ともおかえりなさい!




千冬:!




場地:おう。ペヤングあるか?




あなた:え?1個ならあったと思うよ?




場地:1個しかねぇの!?




千冬:じゃっじゃあ俺いらないっスよ……

































『 ______半分コな。』