無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

☽・:*








いつもは休みの時間になると









練習室でゲームをするけど









今日は近くの公園に行くことにした
















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



もう薄暗くなっていて









人はあまりいなかった









じゅんぴ
じゅんぴ
はぁ〜。。。




ため息をついてベンチに座った
 





ジュースを片手に









色んな事を考えていた








コロコロッ…









ジュースが空になったペットボトルが









転がる。









立ち上がるのも嫌なのに、、、
  







拾おうとした時だった











そのペットボトルを拾ってくれたのは
you
you
どうぞ…

























君だった