無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

☽・:*










宿舎に帰るとすぐに部屋に入った









じゅんぴ
じゅんぴ
見てみよ、、、










“〇〇大学 芸術科 キム・あなた”









………………あなた
じゅんぴ
じゅんぴ
あなたちゃん
 


思わず君の名前を呟いた













それより、明日この紙渡さないと汗汗
















これが君の名前を初めて知った瞬間だった