無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第7話

六話


あなたside

入院って聞いた時は怖かった


このまま、手術を決断しないと死んじゃう



でも、耳が聞こえなくなってしまうのは嫌だ
看護師さん(中郷さん)
看護師さん(中郷さん)
あなたちゃん?大丈夫?
この人は看護師の中郷さん

私が入院してから仲良くなった
(なまえ)
あなた
大丈夫です
看護師さん(中郷さん)
看護師さん(中郷さん)
なんで、手術受けたくないの?
(なまえ)
あなた
耳が聞こえなくなりたくないから
看護師さん(中郷さん)
看護師さん(中郷さん)
どうして耳が聞こえなくなるのが
そんなに嫌なの?
(なまえ)
あなた
私、すとぷりという歌い手の
リスナーなんです
(なまえ)
あなた
この間、その人達に会えたんです
(なまえ)
あなた
でも、家から出られなくなったせいで
会えなくなって
看護師さん(中郷さん)
看護師さん(中郷さん)
どこで会えたの?
(なまえ)
あなた
近所の公園です
看護師さん(中郷さん)
看護師さん(中郷さん)
この病院のすぐそこじゃないかしら?
(なまえ)
あなた
あ、そういえば...
看護師さん(中郷さん)
看護師さん(中郷さん)
フフッ特別だよ。
行ってきて良いよ
(なまえ)
あなた
え?大丈夫なんですか?
看護師さん(中郷さん)
看護師さん(中郷さん)
30分で帰ってくれれば
(なまえ)
あなた
では!行ってきます!









ありがとう!中郷さん!