プリ小説

第11話

重岡side
熱が出たり、しんどくなると、何故かいつも寂しくなる。


たまにふと、



このまま1人ぼっちで死んじゃうんじゃないかって、怖くなる。






ぼんやりと視界の先に、濱ちゃんがいてくれて、布団をかけてくれた。


でも、濱ちゃんが部屋を出ようとした時、



怖くなって濱ちゃんの服の袖を引っ張った。






待ってや、



濱ちゃん、





淳太君、


照史君、





そばにおってよ。






一人にせんといてよ。




寂しいねん。









怖いねん。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みかん
みかん
WESTの太陽みたいなしげがだいすき。  くいだおれ太郎くんが大好き田舎の関西人