プリ小説

第61話

神山side
淳太君とまた言い合いになってしまった。


最近、小さいことで淳太君とやり合ってて、なんかそこでは言えなかった全てが一気に爆発してしまった感じ。


なんて、冷静に考えられる自分が可笑しい。





ほんま、


俺ってアホ。




ただ、イライラをしげのせいにして、それを誰かにぶつけてるだけ。







でも、






俺やってしんどい時がある。





弱音を、



吐きたい時だってあるねん。








俺ばっかり、我慢せなあかんなんて、そんなんおかしいやん。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みかん
みかん
WESTの太陽みたいなしげがだいすき。  くいだおれ太郎くんが大好き田舎の関西人