無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

濱田side
仕事が終わってホテルに戻る。

部屋は隣同士の3部屋。

組み合わせはじゃんけん。



流星
わー、神ちゃんとか―!
桐山
えー!年上3人かよー!!
どの組み合わせになっても、いつも大体同じリアクション。
小瀧
うわー、しげとかー!俺今日寝れるかな!
重岡
寝かせてくれへんの小瀧やん!
のぞむとしげは、めっちゃはしゃぎながら僕らに手を振って部屋に入ってった。

流星と神ちゃんはどっちのベッドにする?って話しながら。





はぁ・・・年上3人の部屋か・・・。


桐山
なに落ち込んでんねん!盛り上がろうぜ!
中間
俺もう寝たいわ・・
桐山
淳太君年寄りやな~
淳太君はもう眠そうやけど、照史がおるから寝かせてくれへん気が。



まぁ、3人だけなんて久しぶりやし、えっか。