プリ小説

第5話

中間side
しげがお母さんに抱きしめられて泣きじゃくってるのを見たとき、

胸の奥が締め付けられて痛かった。




しげが家族と一緒にいるのを見てると、いいなぁって思う。


仲良しで、しげはお父さんとお母さんに素直に甘える。

安心しきってるのが、傍から見ててもよく分かった。



お父さんとお母さんはしげのことが大好きで、

しげは、お父さんとお母さんのことが大好き。




そんな、どこにでもある、



でもきっと、どこにもない家族。





ずっとここにいてほしいとさえ思った。



でも、しげは僕らを見て、涙を拭って前を向いてくれた。






しげ、俺らまだまだ頼りないかもしれないけど、


しげにとって誇りになるような、そんなお兄ちゃんになってみせるよ。





どんなことがあったって、




俺らがしげを守ってみせるよ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みかん
みかん
WESTの太陽みたいなしげがだいすき。  くいだおれ太郎くんが大好き田舎の関西人