第35話

35
201
2021/10/24 12:49
コンビニで一旦休憩…。


恭平「大丈夫?」

あなた『ごめん。恭平こそ大丈夫?』

恭平「俺は全然。あ、これ。」

あなた『ありがとう。』

これ、私の好きなやつ。
なんでわかってるんやろ?


恭平「あれ?嫌いやった?ごめん!」

あなた『いや、好きなやつなんやけど。なんで知ってるの?』

恭平「いつも持ってるから。」



なんて。色々ごちゃごちゃで。


恭平「…そのさ、ごめん!避けてしまってて、」

あなた『気にセンといて!全然大丈夫だから。』

恭平「そのさ、なんで大橋くんのそばにずっと居たん?」

あなた『大橋くんがそばに居てくれて安心したからかな。』

恭平「そーだよな。でもこれからは俺のとこ来てくれん?」

あなた『ん?どゆこと?』

恭平「大橋くんじゃなくて、俺の傍にいてや。」

あなた『( *๑•̀д•́๑)̀わかった!!!』




なんて言って車戻ったらさあ大変。


流星「大ちゃんなんて嫌い!」

大吾「流星に好かれて何が嬉しいのかわからんわ!」

流星「最悪」



喧嘩勃発しておりました。

ほんまに何があったん?
お久しぶりですm(*_ _)m


最近更新していなかったので少し戻って楽しんでください!


またフォロー限定から全体公開に変えておきますね、




いいね❤お気に入り🌟コメント💬 で私の事呼んでください❕

プリ小説オーディオドラマ