第39話

39
130
2021/12/12 10:38
あなたside

あなた『誠也くん!よしくん!』

誠也「恭平から電話もらって来たんやけど…」

恭平「こっちです!」

正門「はぁ…眠い😴」


なんて自由な会話で車に向かってます🚗
でもこわい。私のせいで、


恭平「あなた、多分大丈夫、2人来てくれたから、」

あなた「…うん、」



扉を開けると

流星「大ちゃんなんか嫌い!」

大吾「別にいいもん!ばーか!」


誠也「こいつら小学生なん?」

恭平「俺も思ったっす!笑」

正門「やめや〜、理由話してみ?」

流星、大吾「「あの!」」

流星「流星からや!」

大吾「俺から!」


誠也「も〜うっさいねん!大吾から話せ!」

大吾「流星が悪い、」


正門「それだけやわからんて…」

大吾「流星が俺らの悪口言いふらしたからあなたが俺らのこと嫌いになったんや!!!流星のせいや、流星なんか嫌いやし☹️」

流星「ちゃうゆーてるやろ!?何も言ってへん!」

大吾「好かれたかったんやろ?なぁ!」

流星「違うって…」


やっぱ自分のことやん。流星くんは悪くない。全部うちが悪いんや。

もうなにわの仲引き裂いてるのやっぱ自分やん、
なんで私なんか…

誠也「一旦あなた恭平と俺らの車乗っといて。こっちは任せて、」

あなた「でも、」

正門「ほら、恭平連れてったげて。大丈夫、こっちは、」



そう言われて


恭平「行こ、任せよここは、」


恭平に連行された。




車の後部座席に乗って、さっきのことを理解しようとしてたら

恭平「あなたが悪いわけやない。大丈夫、」



そう言われた。ほんとに何気ない言葉だけどふっと体が軽くなった気がした、




昨日更新のチャプターで年齢などが合わなくなってますが
気にセンといて下さい😔
多めに見てください👀

プリ小説オーディオドラマ