無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

💔
泣いている私に颯太は抱きしめてくれた


















〇〇 なんで、いるの?

















颯太 大事な幼なじみ放っておけるかよ




そっか颯太の中で私は幼なじみの枠なのか












改めて知るとやっぱりきつい

















だけどバレないように私は笑った














ガチャ


真夏 どうしたの?
颯太 〇〇が泣き崩れてて
真夏 何かあった?
〇〇 説明中…


真夏 辛かったね
 











 

ただ一言それを言った
私じゃそんな事言えない自分の彼氏が幼なじみを抱きしめいたら冷静にはいられない

















お互いを信じ合ってる証拠だと思った





















私よりお似合いだ