無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

💔
〇〇side






〇〇sid
〇〇 颯太!

颯太 何?

〇〇 なんで私にジャニーズだって教えてくれなかったの?


颯太 それは、〇〇に距離置かれるんじゃないかって怖かった

〇〇 は?

颯太
〇〇は俺がジャニーズだって言ったら俺のこと

考えて色々と気にするんじゃないかって 
  
距離置くんじゃないかって


怖かった〇〇だけにはバレないようにしようって思ってた

〇〇 ごめん


颯太 いいよ、

〇〇 付き合ってることは?

颯太 もう公表済み

〇〇 ファンの方たちは?

颯太 颯太君が本当に好きな人ならしっかり応援するって

〇〇 そう、


その瞬間涙が溢れてきた



颯太に見つからないように走って逃げた


ファンの方たちから応援されてるのが嫌だった

幼なじみの恋しっかりと応援しないといけない




はずなのに私にはできない
























何やってるんだろ