無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

💔
屋上へ気晴らしに行こうとしたら〇〇が泣いていた





 














俺は反射的に抱きしめた












〇〇 グスッ颯太








久しぶりだなこんな弱い〇〇を見たの










〇〇 なんで、 いるの?









颯太 大事な幼なじみ放っておけるかよ





俺がそう言った瞬間少し悲しそうな顔をして
     笑った









〇〇 そうだよね ありがと














颯太 全然












どうして君は寂しそうな顔をするの?