無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

トマト食べたい
2,398
2021/01/04 07:52
ころちゃんがお店から出ていき、私とさとみくん2人きりになった。
さとみ
さとみ
ごめん
さとみ
さとみ
すぐに助けてやれなくて…
さとみ
さとみ
怖かった?
あなた
あなた
…怖かった
あなた
あなた
…胸見られて、いっぱいキスされた
さとみくんは私を抱きしめた。


さとみくんに胸が衝突している。
さとみ
さとみ
絶対許さねぇ
さとみくんは、私の頬を手で包んだ。
あなた
あなた
…さとみ…くん?
何をするのかと思ったら、
さとみくんの唇は私の唇に被さって、リップ音が鳴った。
あなた
あなた
っ?!
あれ、今……さとみくんと…
さとみ
さとみ
帰ろっか
キスしちゃった?
あなた
あなた
う、うん
なんか後からドキドキしてきた…


(※いつのまにかあなたちゃんは私服に戻りました)
さとみ
さとみ
家どこ?送るよ
何事も無かったかのようにお店を出た私達。
あなた
あなた
でも…もう遅いし、大丈夫だよ
さとみ
さとみ
遅いから駄目なの
あなた
あなた
…迷惑じゃない?
さとみ
さとみ
俺はもうちょっとあなたちゃんといたいけどなぁ
さとみ
さとみ
あなたちゃんは違う?
あなた
あなた
わ、私も…もっとさとみくんと一緒にいたい
さとみ
さとみ
じゃー決まり
家まで送って貰うことになった。
私たちは横に並んで歩いている。

…カップルみたい って思ってるのは私だけだろうか。
さとみ
さとみ
そういえば、もう閉店の時間過ぎてたみたいだけど、やること残ってたの?
あなた
あなた
ひぇ?あー、
さとみくん待ってたとか言えるわけないじゃん。
あなた
あなた
んーと、掃除!
さとみ
さとみ
ふーん
あなた
あなた
…どうしたの?
さとみ
さとみ
いや、
さとみ
さとみ
俺のこと待っててくれたのかなぁとか思ってたけど、違ったんだなーって思っただけ
バレてた?!
あなた
あなた
…そう…だよ
さとみ
さとみ
なんか言った?
あなた
あなた
だから、…さとみくんのこと待ってたの っ
あなた
あなた
////
さとみ
さとみ
…まじ?
あなた
あなた
うん…、、
さとみ
さとみ
んふふ
さとみくんは嬉しそーに笑った。
そして、さりげなーく私の手を握った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
なんか、
作者
作者
これ書いてると、
作者
作者
カップルを作成してる気分になる
さとみ
さとみ
なにそれ意味わからん
ころん
ころん
意味わかんねー
作者
作者
そ、そんな…