無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,018
2021/01/06

第17話

( ´👄` )うっふん
ここが…さとみくんのお家か、、。


(一応貼っとくby作者)
あなた
あなた
おじゃまします
さとみ
さとみ
…あなた、
あなた
あなた
ん?
さとみくんは私の後ろに腕を回し、キスをし始めた。
あなた
あなた
ん…っ…っ


さとみくんは、私をひょいと持ち上げて、ベッドに下ろした。
さとみくん、いつもここで寝てるんだなぁ
スーツを脱いださとみくんは、白いブラウスのボタンを全部取って肌が少し見える状態になった。
あなた
あなた
さとみくん、
さとみ
さとみ
ん?
あなた
あなた
…好き
さとみ
さとみ
あなたから言ってくれるの嬉しい
私の服のボタンを開けながら言う。
さとみ
さとみ
俺もあなたが好き
あなた
あなた
…んん……っ
さとみ
さとみ
…っ…ん……っっ
唇と唇がくっ付いて離れるたびにいやらしい音がする。
さとみ
さとみ
下も脱ご
あなた
あなた
は、恥ずかしい…
さとみ
さとみ
あなた、可愛いよ
そう言って私の輪郭を指でなぞる。
さとみくんに「可愛い」と言われると、「可愛い」が特別な言葉に変わる。



下も脱いで色々してたら眠りに入ってしまっていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた
あなた
んぅ…
カーテンから光が差し込んでいる。


あれ、私いつの間に眠っちゃったの?
さとみ
さとみ
ん、、…あなた、おはよ
あなた
あなた
おはよさとみくん
さとみ
さとみ
チュッ♪
あなた
あなた
…っ//
さとみ
さとみ
あなたの寝顔可愛かったなぁ
あなた
あなた
いやだ、、絶対変だった
さとみ
さとみ
可愛かったよ?
あなた
あなた
…///
布団からはみ出す私の手が、さとみくんの大きい手で包まれた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私がスクランブルエッグをフライパンで作ってる間、さとみくんは隣でサラダを作ってくれている。
さとみ
さとみ
あなたは仕事までずっと家にいるの?
あなた
あなた
うん。家でゴロゴロしてる
さとみ
さとみ
俺も w
夜行性の私たちは、寝坊したって、ずっと布団に入っていてもいいのだ。


さとみくんとご飯作るの楽しいなぁ…
さとみ
さとみ
俺も楽しい
あなた
あなた
え、私口に出てた…?!
さとみ
さとみ
思いっきりねw



さとみくんの寝癖可愛いな。なーんてぴょこぴょこした髪の毛を見ていると、さとみくんは私の髪の毛のぴょこぴょこで遊び始めた。
さとみ
さとみ
寝癖付いてるとか思ってたでしょ
あなた
あなた
可愛いなぁって
さとみ
さとみ
可愛いのはあなたでしょ?
 
このイケメン、私の心臓に悪い。


ドックンドックン暴れてる。


これは重症だ…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
はい!ネタ切れ☆
作者
作者
次に書くお話迷ってるんですよ、、
作者
作者
「すとぷりと私」が主に出てくるお話か、「さとみくんと私とライバル」みたいなのにするか。

今回のは、さとみくんと私どちらも夜のお仕事してるどうしの恋愛みたいな感じでした。←まだ終わった訳じゃないのに過去形

次はどーしよっかなぁ♪