無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,000
2021/01/06

第15話

ネタ切れしたとか言わない
あなた
あなた
えー、ここ高s…
さとみ
さとみ
あなたに似合いそうなのいっぱいあるから見ようよ
さとみくんが進めてくれたお洋服屋さん。


絶対高いやつじゃん…。
ひとまずお店に入ってみると、凄く可愛いセーターがあった。
思わず見とれてしまう程の。
さとみ
さとみ
ん、試着してきたら?
あなた
あなた
え…っ?
さとみ
さとみ
あのセーター、あなたに似合いそう
あなた
あなた
そんなことないっ
さとみ
さとみ
あなたに来て欲しいなぁー
こんなにいいやつ着れるわけない。


それに、試着なんてしたらもう買う雰囲気になっちゃうし、、。
さとみ
さとみ
お願いっ
さとみ
さとみ
…ね?
さとみくんは絶対気づいてる。


私があのセーター気に入っちゃったこと。
あなた
あなた
んぅ…
ーーーーーーー
なんか試着することになっちゃった…
どうするどうする、、
さとみ
さとみ
まだー?
あなた
あなた
まってぇー



これ、羊さんの毛で出来てるのかな。


めっちゃフワフワ…
あなた
あなた
…どう、、かな
カーテンを少し開けると、さとみくんが駆け寄ってきた。
さとみ
さとみ
めっちゃ似合ってる…
さとみくん、やっぱそういう仕事してるだけあるなぁ。


"可愛い" じゃなくて"似合ってる" って言うとこからしてモテる男だ。


まったくもう、そういうの計算して言ってるな…。
あなた
あなた
めっちゃフワフワだよ
さとみ
さとみ
わぁホントだ!
あなた
あなた
と、とりあえず着替える
さとみ
さとみ
えーもう着替えちゃうの?
バッとカーテンを閉めて、セーターを脱ぐ。


静電気がパチパチして、冬だなぁと実感させられる。
試着室を出ると、私が持っていたセーターをさとみくんは手に取った。
さとみ
さとみ
これ着たあなたとハグしたいから俺買ってくる
あなた
あなた
ちょ、さとみくん?!それ、、おたk…
さとみ
さとみ
…いらない?
あなた
あなた
…欲しい…
さとみくんはニコッと笑ってレジに向かった。
ーーー
笑顔でレジから戻ってきたさとみくん。
さとみ
さとみ
そんな高くなかったよ
嘘だ。


試着するときにはっきりと見た。


"15000円" って。
(どんくらいが高いのかわかんない。by作者)
あなた
あなた
え、、でも
あなた
あなた
……ありがと
さとみ
さとみ
いい子いい子
さとみくんは私の頭をクシャッと撫でた。



そのあとはクレープ食べたり色々見た。
(雑とか言わないで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
セーターって何円するんだろ
作者
作者
もしかして15000円って普通?
作者
作者
あれ、、、?
作者
作者
あんまりセーター買わないから分からないんですよ…
作者
作者
あーでも
15000円は高いですよね。はい。高いです。
作者
作者
(なんか1人でめっちゃ騒いでる感半端ない)